チラシ制作の東京チラシ君

チラシ制作の東京チラシ君では、格安でチラシ作成が可能です。




 東京チラシ君 NEWS INFORMATION

クライアントがチラシで何をやりたいかが分かってくると、ターゲットにどのようなメッセージを送るべきかが見えてきます。そしてそれが単なるメッセージだけなのか、売上増加も狙っているのか、または、イメージアップを狙っているのかを考えなければなりません。デザインをより具体的にしていくこと。デザイン戦略を練るのです。デザインの目的は相手を幸せにすることだといいます。この目的とチラシの目的は一致しているはずです。チラシは受け取る人が喜んでくれるものであることが大切なのです。また、そうでなければ人の目に止まるチラシにはならないといえまう。目的はチラシの役割と密接な関係があるといえます。クライアントの目的を達成するために、デザイナーはチラシをデザインするからです。情報を伝えるだけということもありますし、情報を伝えるだけということもあります。集客やイメージアップを図ろうとする場合もあるでしょう。目的があるということは、結果が目的が求められるということ。この仕事というのは、目的をどのように実現し、どのような効果を得るかという計画を実践することなのです。例えば、バーゲンセールをしたいのでというチラシを作って欲しいという依頼ならば、まう目的はバーゲンセールの告知となります。価格はかなり割り引いたものにしたいということがあるならば、これを基本にして、デザイン戦略を立てていきます。商品の価格が誰でも知っているという商品ならば、価格を全面に出してデザインします。例えばキャベツがいつもなら100円以上で売っているものを20円で売るならば20円という価格を大きくしたデザインにすると見る人はひと目で価格が安いと気が付きます。 商品の価格よりもブランド力がある場合こそ、割引率を前面に出すことになります。それは、ブランド品は日頃値引きをしないということを知っている人たちがいるからです。そういった人にとって、10%オフという数字を見るだけで魅力的に感じます。割引というの目的があって、その効果は「安い」という心理です。また、そうした心理になるようにデザインをしなければなりません。このように、目的が具体的ならば、その具体例で表現することで、受け手は確実にそれを受け取ってくれます。けれど、企業などのイメージアップとなるとそううまく行かないものです。イメージアップというのは、抽象的なものです。誇張しすぎるのも駄目、へりくだりすぎても駄目。イメージアップの目的というのは、その企業のイメージがあまり浸透していない場合に行われます。今よりも好感を持ってほしい、より多くの人に知ってほしいといったような目的のときのデザイン戦略のことを特にイメージ戦略と呼びます。イメージ戦略で大切なことは、受け手がそのイメージを的確に受け取ってくれるかどうかということが問題です。そのため、印象的なコピーや絵との組み合わせを考えないといけないといいます。こうしたイメージ戦略というのは、どんだけ効果があったかというのがわかりにくいということがあります。アンケートや懸賞などで、その効果を確かめるという方法が取られています。イメージアップを目的として場合に注意することがあります。これはデザイナーが好き勝手にデザインしてもいいということではないということ。イメージを伝達するための視覚言語を用いて、より正確に目的としているイメージを相手に伝えることが大切です。 チラシ制作というのは簡単に作れそうなデザインが多いような気がします。また、小型サイズや目に入る範囲でのデザインというのは、軽く考えがち。このような小さなチラシといえども、デザインの基礎は必要です。チラシというのは読むメディアということを忘れて、作ってしまうのは大きな間違いです。ビジュアルに気が取られてしまって、読み物としての性質を無視してしまうのです。読めないチラシというのでは、チラシの意味もありません。そういったことが起こる原因は、チラシがどのような形で見る人にメッセージを伝えているかを考えていないからです。これは原則的なことです。チラシの持つ力はとても大きいのです。その能力を発揮させるためには、チラシのコミュニケーションのメカニズムを常に基本に置いてデザインをすることです。チラシには見る人がいるのです。その存在を忘れていては、デザインとはいえません。これはチラシだけに言えることではなく、デザインというものは、送り手と受け手の間に立つ存在です。送り手というのは、クライアントのことです。店のオーナーが自分でデザインするなら、自分のことです。送り手側はメッセージを届けたいわけです。その目的というのは、メッセージを受けた人が行動してくれることです。ですから、メッセージを分かりやすく、興味深いものにするために、企画が練られます。このメッセージを目で見えるようにするために、文字と絵という二種類のデザインエレメントが用いられるのです。デザイナーが扱うのは、ほとんどどんな仕事でもこの二種類のエレメントなのです。抽象的なイメージに形を与えて、目で見えるようにするのがデザイナーの仕事といえるのです。

更新日: