チラシ制作の東京チラシ君

チラシ制作の東京チラシ君では、格安でチラシ作成が可能です。




 東京チラシ君 NEWS INFORMATION

tokyochirashi-kun東京チラシ君では、チラシ制作に関わる全てを承っております!

チラシデザインから印刷新聞折込ポスティングまでお任せください。
数々の成功実績を基に、ご希望に合わせたプランを提案いたします。

もちろんチラシデザイン・印刷のみ等のプランもご用意しているほか、フライヤー・パンフレット・名刺・封筒・ポスターなどのデザインも可能です。
また、WEBサイトとのクロスメディアでの集客もお任せください。

  • 熟練したデザイナーによるチラシデザインで、反響効果抜群!
  • 的確なエリアマーケティングを、集客に直結する新聞折込やポスティングに活用!

 

チラシ制作を相談する

 

チラシ制作の実績

※この他に非公開チラシ実績も多数ございます。
お好みのデザインが実績より見つからなくとも、お気軽にご相談ください。

英語教室チラシ英語教室チラシ裏面ピラティス教室チラシインターナショナルスクールチラシ表面インターナショナルスクールチラシ裏面イタリアンレストランチラシインターナショナルスクールチラシインターナショナルスクールチラシ裏面イングリッシュスクールチラシ表イングリッシュスクールチラシ裏空手教室チラシ空手教室生徒募集チラシ飲食店ポスターチラシ広告プリスクールチラシ広告英語教室商品チラシプリスクールチラシ広告ENGLISH FLYERサービス案内チラシ保育園チラシ広告チラシ広告YMCA_kindergartenチラシ広告YMCA_kindergarten裏チラシ広告スポーツ教室キッズ教室チラシ生徒募集チラシいけばな教室表生徒募集チラシいけばな教室裏音楽教室チラシ
音楽教室チラシ裏介護施設オープンチラシ人材募集チラシチラシ広告 スタッフ募集訪問介護サービス案内チラシ会社案内チラシ企業サービス案内チラシ求人広告チラシサービス案内チラシ介護人材採用チラシ人材採用チラシA4チラシ『カインド・メディカルネット』A4チラシ『助産師産科ナース』A4チラシ『ナイトナース』商品案内チラシ制作エステ美容チラシ歯科医院チラシ看護師紹介案内チラシ企業広告チラシチラシ広告TRUSTGROWTHジュエリーチケットチラシキッズ教室パンフレット表キッズ教室パンフレット裏コーススポーツ教室パンフレット表スポーツ教室パンフレット裏介護施設3つ折りパンフレット介護施設3つ折りパンフレット空手教室B4チラシ空手教室オープンチラシジュエリーチラシジュエリーチケットリハビリセンター3つ折りパンフレット商品案内チラシ不動産チラシ王子自動車クーポン券飲食店クーポン券

チラシ制作を相談する

 

チラシ制作について

チラシ制作スタッフ東京チラシ君では、なるべく低価格で、しかもデザイン性が高く反響の出るチラシを制作したいと考えております。

お客様のご要望に沿うため、さまざまなジャンルを得意とするプロデザイナーが在籍しており、それぞれの得意分野を担当するという体制をとっております。

また、10,000点以上のイメージ画像、イラストが無料 1万点を超えるイメージ画像やイラストをストックしているほか、オリジナルデザインの画像・オリジナルイラスト制作も可能です。お客様の業種やサービスにマッチしたイメージ画像やイラストをご提供いたします。


こんな方、お待ちしております!

  • 教室運営していくにあたり、集客目的のチラシが必要!
  • 以前作ったチラシの反響があまりよくなくて……。
  • チラシとWEB、どっちがいいか迷っているんだよね。
  • 安くいいものを作りたい!
  • 親身に話を聞いてくれ、全て任せられる頼れる営業を探している。
  • とにかくデザイン重視! 奇抜なアイディア&洗練されたデザインがほしい!
  • 広告代理店にて急ぎで下請けを探している。素早い対応を希望。
  • チラシ制作が初めてなので、プロに手伝ってほしい!

チラシ制作を相談する

 

成功するチラシ制作

目次

  • 価値訴求
  • やさしい言葉で訴える
  • 感性に訴える
  • インパクトが大事
  • ターゲットを決める
  • キャッチコピー
  • イメージ戦略
  • ポジティブワードを使う
  • 良いレイアウト
  • 情報を整理する

 

 価値訴求

価値訴求集客力が弱いチラシ制作には、共通項が2つあります。
それは「商品のみを掲載している」「価格訴求ばかりに頼っている」という点です。

よほどの目玉か、ヒット商品がある場合を省き、基本的に商品訴求だけでは今のお客様は反応しません。
チラシの内容に大きな問題点があり、失敗しているケースというのは意外と多いようです。

では現在の時流を考えた上で、チラシ制作で有効な方法とは何か?

それは価格訴求だけでなく、価値訴求のチラシを制作するというやり方です。

かつての販促においては比較的、価格訴求を重視する戦略が強かったとされています。
ですが商品があふれている現代は、ただ安いだけで物が売れるという時代ではありません。消費者の目も肥えてきていますし、対価に見合うだけの魅力を見いだせない限り、ヒットに繋がることはないでしょう。

販促においては、価値訴求つまり商品の価値という魅力を分かりやすく伝えるという戦略が有効となってくるのです。

 

やさしい言葉で訴える

優しい言葉自社の強みを明確に打ち出す目的で硬い表現や専門用語を使い、失敗している場合も多くあります。

いくら魅力的な情報でも、伝わらなければ意味がありません。

特に万人向けのチラシ上の表現は、なるべくやさしく柔らかく簡単に述べた方がいいのです。
極端な話、小学生や中学生でも分かるぐらいの文章で伝えたほうが、効果が出やすいケースも少なくありません。

相手の立場に立ち、難しそうな専門用語は避け、「やさしい」「簡単」などのフレーズを入れてまずは興味を引くことが大事です。

 

感性に訴える

感性に訴えるチラシのデザインにおいては、「いかに遊びココロや洒落を通じて感性に訴えるか」という点も大事となります。
見る人の心に残るためは、感性を刺激するというのは非常に有用だからです。

このような売り方を感性刺激といいます。

例えば【ある食べ物】の販促をする際、おいしそうに喜んで食べている人の表情を見せることで、消費者の食欲を刺激し購買欲をそそるというやり方も、感性刺激の一種です。

感性刺激は、特に女性に対して効果的とされています。

理由としては、ゆるめのキャラクターを見て「かわいい!」と叫んだり、アクセサリーショップで「これステキ! 買っちゃおう!」などと衝動買いしたりする女性ならではの感性にあるといわれています。

チラシ制作においては、デザインを工夫することで感性を刺激することが可能であり、ヒット商品へと繋げる可能性を生み出せるようになるのです。

感性を刺激するポイントは、ターゲットとなる消費者が何に興味を持ち、何に関心を示しているか、そして何に心を動かされるかという点を考えることにあると言えるでしょう。

 

インパクトが大事

インパクトほとんどのチラシは、ちらっと見ただけで即ゴミ箱行きとなってしまうもの。
時間にしてほんの数秒といったところでしょうか。

しかし、興味を持てばチラシの見方が全く変わってきます。
興味がわく前はぼんやりとしか対象物は見ないものですが、興味がわけばじっくり注視しようとするのが普通です。

では興味を持たせるには、何が重要でしょうか?

答えはインパクト。チラシを見て「おや?」と思わせることが大切です。

チラシに興味をもってもらって初めて、第一段階クリアといえるでしょう。

いくら一生懸命に作っても、見てもらえないのであれば意味がありません。
ゆえに当たるチラシには、何と言ってもインパクトが欠かせないのです。

 

ターゲットを決める

ターゲット集客に失敗するチラシはターゲットが絞れず、散漫的になっているケースが多いようです。

マーケティングの基本は誰に、何を、売るのかを明確にすること。

よりたくさんの人に買ってもらいたいという気持ちは分かります。
ですが全ての客層に来てもらおうと考えるほど、チラシは訴求力を失ってしまいます。
やはりピンポイント販促が成功するチラシのテーマです。

それでは、ターゲットの設定はどのようにすれば良いのでしょうか?

客層を決めるというのは難しいもの。
あまりに広い客層では訴えづらくなってしまうし、逆に絞り込みすぎては客層そのものが減ってしまいます。

ポイントはグレード年代で分ける方法です。

グレードとは、売るべき商品グレードのこと。
低価格のロープライス商品はいかにやすさ感を訴えるかが重要であり、ハイグレード商品は高級感やこだわりを訴える必要が有ります。
当然ターゲットによって、キャッチコピー・色使い・デザイン等も変わってきます。

 

キャッチコピー

zの法則チラシは普通、どこから見るのでしょうか?

一般にはZの法則と言われ、左隅から見ていき、さらに視線は右に移行、斜めに左下を見てさらに右下を見るという視線の流れだと言われています。

ということは最初に見るのは上の方にあるわけですが、そこには必要不可欠なものがあります。

それはタイトル・見出しです。

チラシの場合はタイトルで決まります。
つまらないタイトルであれば、興味を引くことができず、ゴミ箱に直行です。
一番上に来るキャッチコピーをよく考えてチラシ制作をしましょう。

 

イメージ戦略

strategy毎日人間は無意識的に「あれが欲しい」「これが食べたい」「もっといい家に住みたい」等と勝手に想像しています。
その想像が脳内で繰り返され、頂点に達したときに消費行動に走ると言われています。

これをいわゆるイメージ化といいます。

心の中でその商品やサービスを使っている姿を繰り返し、無意識でイメージするから購買行動が起こるのです。

購買喚起するには、イメージ化を助けるという手段が有効となります。
つまり、ビジュアルにその商品やサービスを使っている姿を明確に書かせることです。

そのためにはチラシにリアルなイメージを見せるべく、商品+人の要素が不可欠とされています。
商品だけでは購買喚起することは難しいのです。
その商品を手にした人という姿を具体的にイメージさせることに焦点を定め、イメージ戦略を進めることが重要です。

 

旬な話題を使う

newsインパクトのあるタイトルというのは、タイムリーで誰しもが知っている話題をうまく使えば、比較的簡単に作り上げることができます。

マスコミで報道されているような政治、経済の話題を使ったり、色々な話題をうまくチラシに利用していくのも一つの方法です。

またオリンピックW杯などを使ったタイトルも面白いでしょう。
誰もがTVに釘付けになり、記憶に残る場面が出てくるので、「日本人や日本チームが勝ったら値引きするようなタイトルを打つ」等の手法が当たりやすいと言われています。

 

ポジティブワードを使う

positive-words消費行動に影響を与えやすいのが、ポジティブワード(=明るい印象の言葉)です。

特に不景気の際は不安心理が働き、潜在意識にマイナスイメージが蓄積しやすくなります。
マイナスイメージが増えると人は防衛本能が働きます。
将来への不安を感じて貯蓄が増えるのは、マイナスイメージの中で増大するからです。

不安を払拭し、潜在意識をプラスイメージに導くには、プラス言葉であるポジティブワードを繰り返すことが不可欠となります。

昔から言霊(ことだま)と言われるように、言葉には魂が宿っており、人を動かす何かがあります。
ちょっとした一言でやる気が湧いたり、何気ない一言が他人をネガティブにすることもあります。
それだけ言葉というのは大きな力を持っています。

そこでこのポジティブワードをチラシに使ってみるのが成功する秘訣です。
タイトル以外にも様々な部分にこのポジティブワードを埋め込むとよいでしょう。

 

良いレイアウト

goodなデザイン良いレイアウトとはどのようなものでしょうか?

正解はひとつではありません。

例えば空間にもの配置する際、中央に大きく配置すれば安定感があり、堂々とした印象を与えます。
端に小さく配置すれば、不安定さを感じ、空いたスペースから余韻やストーリー性を読み取ります。

つまり配置により、意味が生まれます。

発信する側の思いを受け手に正しく伝えるものがい良いレイアウトです。
様々なレイアウトの手法を手当たり次第に使うのはあまりよくありません。

グラフィックデザインには様々なメディアがあります。

例えば駅貼りのポスターと雑誌の記事では伝える内容が同じであってもレイアウトは異なります。
駅貼りポスターの場合は通りがかりに見られるものですから、一目で内容を伝えなくてはなりません。
雑誌の記事の場合は腰を落ち着けて接しますから、楽しく読み進められるレイアウトにする必要があります。

また、伝えたい情報が男性向けか、女性向けか、子供向けか、大人向けかによってもレイアウトは変わります
レイアウトではこれらの要素を踏まえて最良の方法を見つけなくてはなりません。

 

情報を整理する

informationチラシ制作では、情報を伝えるのに情報の整理が非常に大切です。
分類という作業を必ず行いましょう。

もっともよく使われる分類法は、「カテゴリー」による分類です。

例えば、レストランのメニューは「スープ」「サラダ」「肉料理」「魚料理」というように、料理のカテゴリー別に品目が分けられています。
こうすることで客は迷うことなく食べたいものを探し出せます。
メニューには重要度や価格などで分類する「階層」もあり、「おすすめ」や「お手頃価格」といった形でまとめられます。
さらにいくつかの料理から選ぶコースセットなど、時間が重要な場合もあります。
前菜から始まり、メインディッシュ~デザートまで、提供される時間ごとに選んでもらうように配置されています。

 

LATCHの法則

  • 場所(location):国や地域などによる分類
  • 文字(alphabet):五十音順やアルファベット順など、辞書や索引で使われる分類
  • 時間(time):タイムテーブルや年表など時間を軸にした分類
  • カテゴリー(category):最も多く使われる、分野での分類
  • 階層(hierarchy):価格、重要性などの高低に基づく分類

チラシ制作を相談する

 

チラシデザインのルールと制作の流れ

チラシデザイン作成の流れ目次

  • デザインについて
  • 情報の整理
  • マージンの設定
  • グリッドの設定
  • 情報の配置/役割
  • 強弱をつける
  • 配色
  • 書体
  • 情報の図式化

 

デザインについて

デザインは正解などないといわれることもあり、デザインの好みは人それぞれです。

しかしながら、デザインの長い歴史の中で、”人が美しいと感じる配置” ”気持ちが昂る色” ”心に残る文字フォント” など以外にもレイアウトのテクニックやルールがあります。

黄金比と呼ばれる比率は「1:1.168」でこの比率は人間が美しいと感じる比率です。
こういったルールを使って実際にデザインを作成するとセンスのいいレイアウトが可能です。

弊社では、デザインの基本ルールを守って読み手に伝わるデザインや人の心に残るデザインを心がけています。

また、デザインはあくまでも手段であって目的ではありません。
美しいデザインに仕上げることだけを目的にしてしまっては本末転倒です。

デザイン制作を行う際には、何よりも先に制作する目的をきちんと定めることです。
その上で目的に合ったデザイン作成をしていくことが大事です。

弊社では「読み手が必要としている情報は何か」「読み手がどう感じるか」を考えてのデザインを心がけています。

 

情報の整理

チラシ制作のための情報整理チラシデザイン作成で一番最初にやる作業は情報の整理です。

チラシ制作に入る前に、なぜこのチラシを作るのかという目的をはっきりさせる必要があります。
作ったチラシを受け取る読み手のターゲット層を想像し、「いつ」「誰が」「どこで」「何を」「どのように」「目的は」「結果は」のカテゴリーで情報を整理していきましょう。

例えば、お店のオープンに合わせるチラシであれば、オープンすることを大々的に伝える必要がありますし、オープンに伴うキャンペーンなど企画すればより集客効果が上がったりします。

よってまずはチラシ制作をする目的を明確にしましょう。
情報の優先順位を決めていくと、自然とレイアウトも決まってきます。

 

マージンの設定

マージン設定情報の整理ができたら、次はマージンを設定します。

マージンとは、文字情報や図版などを配置できる領域以外の余白部分の事です。

反対に文字情報や写真などのレイアウトを配置する場所を版面といいます。
マージンを小さくして版面を大きくとった場合を版面率が高いといいます。

WEB制作の場面でも、マージンという言葉はよく使われます。
WEB制作の場合は外枠の部分をマージン、内側のスペースをパディングといいます。

版面は任意で決めて構わないですが、印刷の場合は最低でも紙の端から5mm~10mm程度のマージンが必要です。
紙面ぎりぎりにデザインを配置すると紙面を裁断するときに切れてしまうことがあるので注意が必要です。

 

グリッドの設定

グリッドの設定グリッドとは、紙面の縦と横に等間隔で配置する格子状のガイドです。

このグリッドを設定しておくとまとまりのあるデザインが可能です。
グリッドを用いたレイアウト手法のことを「グリッドシステム」といいます。

このデザインの最大のメリットはグリッドに沿って各要素を配置していくため、整然とした美しいデザインレイアウトが可能で情報をまとめながら全体に統一感のあるデザインになります。
グリッドのレイアウトも細かい間隔で作成するか大きい間隔で作成するかで実現できるレイアウトのバリエーションが増えます。

 

情報の配置/役割

情報の役割レイアウトを考える時には情報の配置場所と役割を考えます。

各情報には役割があります。

例えば、オープン告知のチラシであれば、オープン告知のキャッチとキャンペーン告知のキャッチをチラシの上の方に持ってきて目立たせます。

重要度の高い情報を大きく目立つ場所に配置し、そうでない情報は控えめな場所に配置する等、情報によって配置場所を考えます。

デザインの装飾をする前に情報の配置場所を決めてレイアウトを決めていきましょう。

また、メインビジュアルやイメージビジュアルに使われる写真では、見た目の美しさも大事です。
デザインの基本ルールに当てはめ、構図を整えることでも写真の魅力を最大限に引き出すことが可能となります。

写真の構図には3分割法構図という方法があります。

被写体を写真の中心にもってくることを日の丸構図といいますが、これに対して3分割法構図では、全体を3×3に分割してその線が交差する4つの点のどこかに被写体を配置するとバランスのいい構図になります。

 

強弱をつける

デザインのジャンプ率デザインでは役割に応じて強弱をつけることが大事です。

強弱を設定する基本作業はとても簡単です。強調したい要素を大きく、そうでない要素を小さくします。

強弱をつけることをジャンプ率あり、なしといい、ジャンプ率があるデザインは見た目の印象がジャンプ率がない場合よりもかなり違います。

サイズは書体の太さに強弱をつけることでより魅力的なデザインへの生まれ変わります。

 

配色

colorデザインでは配色によって印象が大きく変わってきます。

チラシデザインの配色は、制作物の目的・コンセプト等を考慮しながら検討します。

配色理論はとても奥が深く突き詰めていけば心理学や認知額などとも関連してきます。

色は、暖色、寒色のように温度で分類することができます。
色のイメージは人や国、文化などで異なるため一概には言えませんが、赤を中心とした暖色と、青を中心とした寒色については共通認識されている色といえます。
暖色系からは太陽や火などが連想されて、寒色系からは氷が水が連想されます。

 

書体

書体選びチラシデザインというとレイアウトや配色が大事だと思う人がいるかもしれませんが、実は書体選びもとても重要です。
書体によって出来栄えがかなり違ってくるともいえるでしょう。

書体選びの基本は、複数種類の書体を使わないことです。

たくさんの書体をつかってしまうと統一感のない仕上がりになってしまいます。

しかしながらこの書体選びは追及するとかなりの奥深さで数万種類あるともいわれています。
書体を選ぶときには大きく異なる書体を実際に設定してみてテイストを検証します。見比べて印象が異なることを確認するのもよいでしょう。

 

情報の図式化

アイコン化文字情報を図式化すると、楽しみながら必要な情報を認識できます。

情報の図式化はデザイン作成においてとても重要です。

図式化することで仕上がりがよくなることが大いにあります。
主に、地図やグラフ、チャートです。

晴れマーク、雨マークなども文字よりもアイコンなどにしたほうのが簡単に情報を認識して理解できます。
アイコン化する際はしっかりとメリハリをつけることが大事です。微妙な違いは読み手に伝わりません。

ポイントは、全体が1つの固まりに見えるように配置することです。

 

チラシ制作を相談する

 

更新日: