感染症と比較すると格段に少ない症状ではあるのですが、膠原病を起因としている発熱もあります。

膠原病とは、間接リュウマチや、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群など、共通する性質の病気の総称です。膠原病を発症すると、細胞と細胞の間にある結合組織に異常が現れるのですが、細胞同士を結びつけている膠原繊維(コラーゲン)で、この膠原繊維の疾患なので、膠原病という名がついています。

膠原病の要因は、免疫機能の異常にあります。異物である細菌やウイルスを排除する免疫という機能が、膠原病においては、この機能に異常が起こり、自分の身体そのものを異物と認識し、それを排除しようとする動きをするのです。そのため、熱が出ます。

発熱以外の症状としては、関節の腫れやこわばりや痛み、体重の減少、筋肉痛、皮膚に紅斑や紫斑が出現する、などがあげられます。初期症状が風邪に似ているので、日常生活に支障はないのですが、進行すると、間接が変形し、臓器にも障害が起こるなど、不自由が生じるので、早期に発見し、進行を食い止める必要していくことが大切です。

初期症状が風邪など他の病気に似ており、症状だけでの診断が難しいため、血液検査などの詳しい検査が必要になってきます。
発熱と同時に伴っている症状に注目し、単一臓器の感染症では説明がつかない、さきほど述べた症状がみられた際には、腹原病が疑われます。ただ、最初からすべての症状が出ないこともあるので、病歴や、疑わしい疾患の診断基準と照合しながら、特定していくことになります。

治療は薬物療法を中心に進めていきます。間接や臓器の障害を防ぐため、炎症を軽くし、自己免疫反応を抑えるための薬を使用します。リウマチ科や膠原病内科など、膠原病を専門としている病院もあります。