胃腸や肝臓、胆のう、膵臓などの消化器の炎症や潰瘍、腫瘍などの疾患、または、胃下垂・胃腸虚弱により機能が低下した際に食欲がおちることがあります。

急性胃炎の場合、みぞおち付近が痛み、胃が膨らむような不快感、むかつきや嘔吐、吐血する場合もあります。主に暴飲暴食が原因ですが、慢性胃炎の場合、空腹時の胸やけや、食欲不振、食後のむかつきや胃もたれなどの症状があらわれます。原因の約8割がピロリ菌の感染によりますが、他にも、非ステロイド性抗炎症薬の副作用やストレスなども原因と考えられており、胃の粘膜が弱まり、炎症が繰り返されて治りにくくなっている症状のことをいいます。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、強い胃酸と消化酵素により、胃や十二指腸の粘膜の限られた一部部分が欠損してしまう疾患です。胃潰瘍は食事中から食後に、みぞおちあたりに重苦しい痛みが起こり、十二指腸潰瘍は早朝や空腹時にみぞおちあたりがシクシクと痛むのが特徴です。どちらも食欲不振が起こる疾患です。

胃がんは、初期はまったくといっていいほど自覚症状がないのですが、食欲不振にくわえ、みぞおちの痛みや膨満感、吐き気が出てきたころに、疾患が進行している場合が多いのです。さらに進行すると、粘膜が破壊されると吐血や下血を起こすようになるので、貧血症状があらわれることもあります。

消化器以外では、さまざまな臓器の悪性腫瘍、心不全、腎障害、甲状腺機能低下症、脳出血などの脳の疾患にくわえ、風邪やインフルエンザなどの感染症で食欲不振をおこすことがあります。

発熱と同じように、食欲不振を訴え、内科を受診するケースは多く、さらには重大な疾患が隠れていることも多いので、決して油断できない症状だと考えられます。